巡回に出かけました

 | ,

毎年恒例になっていますが、今年は少し事情が違います。

私の相棒がH氏から弊社生産担当の坂本君に変わりました。

4月入社の新人ながら年は60歳を過ぎていて、龍の瞳の栽培経験はないのですが、稲作については熟知しています。

お米の検査は専門家なので、弊社にとっては願ったりかなったりの人材です。

生産農家さんは真剣に龍の瞳の栽培を行っていることを、肌で感じました。

そして、品質、味は大丈夫か、龍の瞳は売れているのか、とても気にかけています。

会社としてしっかりと農家さんの気持ちを受け止めて、頑張らなければと、改めて決意しているところです。

 

0
このページをSNSでシェアShare on Facebook
Facebook