書籍│ブランド米開発競争-美味いコメ作りの舞台裏に取り上げられました。

 | ,

3/20に販売される書籍に龍の瞳が取り上げられました。

第一章 8項 海外から求められる龍の瞳 として数ページ掲載されています。

ご興味ある方はご購入ください。

 

 

>>>>詳細はこちらから(中央公論新社HPへ)<<<<

 

 

ブランド米開発競争 美味いコメ作りの舞台裏

熊野孝文 著  中央公論新社

2018年2月、美味しい米の代表・魚沼コシヒカリが食味ランキングで特AからAに陥落したニュースは衝撃を呼んだ。翌年、魚沼コシヒカリは無事特Aに返り咲くが、各産地が「美味しい米」の開発・生産に努め、しのぎを削る状況は激しさを増す一方だ。めざすのはさらなる美味しさか、収穫量か、栄養か、冷害耐性か。ブランド米開発の舞台裏と米作現場の課題に迫る。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/3/23
  • 判型四六判
  • ページ数224ページ
  • 定価本体1500円(税別)

0
このページをSNSでシェアShare on Facebook
Facebook

種もみ「いのちの壱」販売について

X