グローバルGAP内部監査2018.3

 | ,

グローバルGAPの更新時期を迎えています。
とても大変な作業です。
しかし、ヨーロッパではグローバルGAPの取得は当たり前のことのように行われています。
日本ではまだ取得率は極めて少ないのが実情で、あまりにも日本が遅れています。

このページをSNSでシェアShare on Facebook
Facebook