ブロック会議

 | ,

コロナウイルスの影響で3月1-2日の泊まり込みの生産者学習会ができなかったことから、各地区をめぐって生産者会議を行うことにしました。

3月27日から4月4日まで、五地区での会議でした。

コロナ惨禍の中でしたが、全体での出席率は73バーセントとなり、ほぼ意思統一されたと思います。

私にとっても一人での巡回で、疲れるには疲れましたが、生産者さんの声を十分に聴くことができ、良かったです。

弊社では長年、龍の瞳の品種名である「いのちの壱」の原種管理を行ってきました。

そのことを世の中に明らかにすると同時に、不正な種もみ販売に対して対応する、今年が元年となります。

 

そのことも生産者の皆さんにお伝えして、理解をいただきました。

私も体調に気を付けて、残りの人生をかけたいという気持ちを強くしました。

それにしても、生産者の皆さんには、今まで本当に労苦をお掛けしたにもかかわらず、私と会社に付いて来ていただき、ただ感謝するばかりです。

これからもこのブログを通して、読者の皆さんに、私の考えなどを訴えていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

 

株式会社 龍の瞳

代表取締役 今井隆

 

0
このページをSNSでシェアShare on Facebook
Facebook

種もみ「いのちの壱」販売について

X