茶がゆ

 | 

chagayu

奈良には「茶がゆ」というお粥があります。簡単ですので紹介いたします。

ほうじ茶をお茶パックに入れ、お水から煮立たせる。そこに洗ったお米(冷ごはんでも可)を入れ炊く。
粘りが出ないように時々かき混ぜて、さらっとお好みの固さに仕上げる。 大体、お米の8倍~10倍ほどのお茶で炊くそうです。お好みでお塩を足して召し上がれ。
簡単ですが、美味しいです。昔の奈良の人は熱い茶がゆを食べすぎて、胃潰瘍や胃がんになる人が多かったとか・・? 食べすぎにはご注意を。

近所のスーパーには茶がゆ用お茶パックも売っているくらいポピュラーな食べ物でしたが、生粋の奈良県民ではないのでうっかり忘れておりました(^^;

茶がゆにトッピングとして「龍の瞳 玄米の素」、梅干しと頂いた米麹で作った塩麹でモミモミしたきゅうりを添えていただきました。

☆龍の瞳モニター 藤本様からのご提供です。

このページをSNSでシェアShare on Facebook
Facebook