お米の検査、最盛期です。

 | ,

2020年産の龍の瞳Ⓡ玄米の検査が最盛期を迎えています。

当初心配された品質ですが、このところ飛騨の北部のお米が入荷するようになり、非常に等級も高く、ほっとしています。

検査官の坂本君も頑張っています。

0
このページをSNSでシェアShare on Facebook
Facebook

種もみ「いのちの壱」販売について

X