小学生籾(もみ)まき体験を行いました

 | ,

龍の瞳は、稲作・米文化の理解と普及の取組の一環として、

毎年地元の小学生と籾(もみ)まき体験を行っています。

今日は、パレットに土を引き、田植えのための苗を作る「籾(もみ)まき」を行いました。

パレットに平たんになるように土を敷き詰めます(簡単に見えて難しい!)

水を十分にまきます

手を消毒し(苗が病気にならない様に)、籾を土の上にまきます

まいた籾の上から土をかけます

こぼさない様に慎重に、育苗機(温めて発芽を促す装置)まで移動!

育苗機にいれます。

小学生の皆さん、お疲れさまでした!

次回は籾から発芽した苗を田植えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページをSNSでシェアShare on Facebook
Facebook